ブルーベリーの効果はどのくらいの時間もつの?

ブルーベリーの効果はどのくらいの時間もつの?

日本国内においてブルーベリーは、薬事法により医薬品扱いにはなりません。
しかしその効果効能は世界中で広く知られており、ヨーロッパなどいくつかの国では医薬品として認定され、販売されています。

 

ブルーベリーの効果は抗酸化作用や血管強化作用をはじめ腸内の浄化作用やコラーゲンの強化作用などです。
特にコンピュータなどのネット環境づけにある現代人の目を守ってくれる成分としても、欠かすことはできません。
主成分であるアントシアニンは網膜症を予防する働きもあります。ブルーベリーの効き目については、多くの研究がなされてきました。

 

研究と実験によると、ブルーベリーの効果は摂取してから3〜4時間ほどで現われ、24時間後には消えてしまうことがわかっています。
このことから、アントシアニン色素には連動性があるということが判明しました。
ブルーベリーについてはサプリメントで摂取するのが最も一般的で効率もよいためおすすめなのですが、摂取するタイミングには是非、工夫をしたいものです。

 

医薬品はたいてい食後30分を目途に出されることが多いですが、胃の吸収力が最も高まるのは食前食後の30分以内です。
成分はまる一日で消化されてしまうため、毎日継続して摂取することが健やかな目をサポートしてくれます。